アクセスカウンタ
プロフィール
ももじろうパパ
ももじろうパパ
細々と更新していたブログを「和歌山の話題」を主とした物にリニューアルしました。
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年04月23日

広島からの便り

広島で勤務している尚弘からWAKAYAMA NEWS HARBORに記事が投稿されており、明日4月24日付の和歌山新報にも掲載されます。

~4月18日(月)発行のWAKAYAMA NEWS HARBORより~

広島の礎を築く(浅野氏紀州藩2代藩主・浅野長晟)



【写真】広島城=広島市中区基町より次田尚弘撮影


広島県の観光名所といえば、原爆ドームや厳島神社(宮島)が有名だが、広島市中心部に広島城がある。広島城和歌山城に関係があることをご存知だろうか。
 時は1619年(元和5年)、改易をされた福島正則の後を受けて、浅野氏紀州藩2代藩主浅野長晟(あさの・ながあきら)が安芸国広島藩初代藩主(42万石6千石)に国替された。同時に、徳川頼宣が駿河国駿府城から和歌山城へ国替し、紀州徳川家が誕生した。
浅野長晟は広島藩の発展に尽くした。1620年(元和6年)に「郡中法度」を布達し、税制、司法制度を行った。また、城下町への人口流入を認め、商業や経済、海運の発展に力を注ぐなど、広島藩の礎を築いた。以後、廃藩置県で広島県となるまでの約250年間、12代に渡り浅野氏広島藩は続いた。
広島城を中心とした城下町は1945年(昭和20年)8月6日の原子爆弾投下により焦土と化したが、1958年(昭和33年)大天守が鉄骨鉄筋コンクリート造で外観復元された。天守が黒く、堀にたくさんの鯉が居たことから「鯉城」という別称があり、「広島東洋カープ」の由来となっている。
私ことであるが、3月末、大橋市長より和歌山市観光発信人を委嘱された。勤務の都合で広島県民となった今、広島の礎を築いた浅野長晟の前任地「和歌山」の魅力を、広島の地で発信していきたい。(次田尚弘/広島)

和歌山城広島城の関係は紀州藩2代目藩主浅野長晟(あさの・ながあきら)の国替え(転勤)だけではなく、戦災で消失した天守閣の復元も1958年(昭和33年)と同時期に再建されています。

WAKAYAMA NEWS HARBOR のWebはこちら

  


Posted by ももじろうパパ at 19:42Comments(2)わかやまNewsHarbor